Menu

カイロプラクティックの特徴

Home

カイロプラクティックの特徴

薬物や手術といった方法を一切使わない手技による施術方法

カイロプラクティックの特徴

 カイロプラクティックは、薬物や手術といった方法を一切使わず、術者の手技で患者さんの問題を施術する方法です。
 薬物を使う=副作用の薬害を伴う 手術をする=患部までメスや機具を入れる(他に傷をつくる)という危険性を含んでいるわけですから完全に安全ではありません。そこで考案されたのカイロプラクティックという治療方法です。

 「背骨から骨盤」にアプローチすることで筋肉のバランスや神経、血流の働きを正常に戻していく(不調とはそれらの異常)ことで、本来持っている自然治癒力・自己回復力を十分に発揮させる方法。
 骨格全体のバランスが崩れると筋肉の緊張がおき、結果 腰痛や肩こりなどのさまざまな症状が発生します。バランスの崩れは悪い姿勢、長時間の同じ姿勢からおこることが多々あり、矯正をしても悪い姿勢のままでは元に戻ってしまいますので、術後のケアが重要です。

カイロプラクティックは万能ではありません。

カイロプラクティックの特徴

 薬や手術を使わないわけですから「何でもかんでも良くなりますよ」とは言いません。
 検査によってズレ・ユガミ以外の問題がある場合は他の医療機関をすすめる場合があります。
 1回で改善・良くなるという方もいらっしゃいますが、そういった原因を持っている方は稀で多くの原因は他にあります。残念ながら「1回で劇的に」は偶然の改善も多いです。私は元インストラクターですからスポーツに例えれば、ゴルフが上手になるにはホールインワンだけを狙いますか?勿論、頭の隅にはあるでしょうが上手になるのとは違うと思います、身体作りをして、技術を磨いて、努力できた人だけが勝てると思います。勉強でもそうですが、全然勉強をしないまま100点をとったり、大学受験に合格しますか?

 さらに言えば、運動でも勉強でも教えてくれる先生がいたり、サポートしれくれるトレーナーがいますが、自己努力無くして成果は得られません!
 矯正もいっしょです。自分自身の身体を治すのは自分です!「治してもらおう」とか「定期的に治療する気がない」では目的は達成出来ません。施術者(サポート役)と一緒に治す努力ができる方が QOL(クオリティーオブライフ=生活の質向上)により、年をとっても元気でいられるのです。

 本当の意味で治す、体質や体型を変化させていく(症状を無くし再発させない)」事は簡単なことではありません。
 薬を使った時の様に「10あった痛みが0に」というものでは無く。「10が7に、7が5、3、1、0」と改善するものだと認識いただき「まだ痛い、またツラい」では無く少しでも良くなった所に眼を向けてみてください、それがまず一歩です。

ご予約